無料PhotoshopチュートリアルYouTubeで更新中>>

Photoshopのフレームツールで丸や四角に切り取り【超便利】

フレームツールの使い方ツールの使い方

Photoshopで写真を簡単に丸や四角に切り取れるフレームツールについてまとめてみました。

 

ポスターやアルバムなどに「この写真を丸く切り取りたい」っていうときありますよね。

そういうときに簡単にパッと切り取れてしまうツールフレームツールなんです。

「フレームツール」は「切り抜きツール」のようにキャンバス自体を切り抜いて小さくすることはありません。

そんなフレームツールの使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

Photoshopのフレームツールで丸や四角に切り取り【超便利】

YouTubeでも解説したので動画で見たい方は動画で見てください!

フレームツールの使い方

まずツールバーにあるフレームツールを選びます。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

ツールバーにない人は、下の点々を長押しすると出てきます。

Photoshopのフレームツールの使い方

上に四角と丸が出てくるので、どちらで写真を切り取りたいか決めてクリックします。

Photoshopのフレームツールの使い方

今回は丸でやってみたいと思います!

 

そして、クリックしてドラッグして丸を書いていきます。

Photoshopのフレームツールの使い方

このとき、切り抜きをきれいな正円にしたいという人はShiftを押しながらドラッグして丸を書くと正円になります。

 

次に写真をPhotoshopに取り込みます。

写真をフォルダからドラッグしてPhotoshopの画面にドロップ。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

そうすると写真がフレームにはまって、丸く切り抜かれました。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

逆に先に写真をPhotoshopに入れて、あとからフレームを作る方法で切り抜くこともできます。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

注意点
切り抜きたい写真が背景レイヤーの場合は、通常レイヤーに変更する必要あり!
Photoshopのフレームツールの使い方

 

フレームの中の写真を大きくしたり、小さくするにはレイヤーの『写真』をクリックしてCommand (Ctrl) +Tで変えられます

Photoshopのフレームツールの使い方

 

フレームの大きさも変えることができるので、その場合は今度レイヤーの『フレーム』をクリックしてCommand (Ctrl) +Tで変えます。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

はじっこに矢印を持っていくと、2つの矢印が出てきて角度も変えることができます。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

写真を入れ替えたいときは、またPhotoshopのフレームを置いてある写真の上にドロップすれば変わります。

または、すでに写真が他のレイヤーにある場合は、その写真をクリックして同じようにフレームツールを使っている写真の上にドロップすれば置き換わります。

Photoshopのフレームツールの使い方

フレームツールのメリットとデメリット

メリットのまとめ

フレームツールを使って切り抜くメリットをまとめるとこんなかんじです。

メリット
  • 簡単に切り抜きができる
  • 写真変更も簡単

フレームツールを使って、簡単に写真を丸や四角に切り抜くことができます。

さらに写真変更もドラッグ、ドロップでパッと変えられるのもとても便利です。

デメリットのまとめ

デメリット
  • 切り抜いた後にエフェクトは付けられない

反対にデメリットは、切り抜いた写真にエフェクトかけることができないということです。

例えば、丸く切り抜いた写真に境界線を付けようとしても付けられません。

Photoshopのフレームツールの使い方

切り抜く前の写真にエフェクトがついてしまうので、切り抜いた後の写真には効果が出ないんです。

 

エフェクトを付けたい場合は、2つの方法があります。

  • スマートオブジェクトに変換
  • グループにしてグループにエフェクトをかける

どちらの方法でもできるのですが、後から写真の編集をする場合は、「グループにしてグループにエフェクトをかける」方が便利です。

スマートオブジェクトに変換

レイヤーのフレームツールをクリックして、右クリックをして『スマートオブジェクトに変換』をクリックします。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

そのあとにエフェクトをかけると、効果が現れます。

Photoshopのフレームツールの使い方

注意点

スマートオブジェクトに変換する方法だと、フレームと写真が1セットになってしまって切り抜きの形や場所を変えるのに、ひと手間かかります。

グループにしてグループにエフェクトをかける

フレームツールがついたレイヤーをクリックして、下の右から3つめ「新規グループを作成」をクリックします。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

そうするとフレームがついたレイヤーはグループの中に入るので、そのグループ本体にエフェクトをかければ、かけたいエフェクトをかけられます。

Photoshopのフレームツールの使い方

このやり方なら同じ編集画面で、切り抜き範囲や選択場所を簡単に変えられるよ!

スポンサーリンク

フレームツールで簡単アルバムレイアウト作り

アルバムなどを作りたいときに先におおまかにフレームを並べたとします。

Photoshopのフレームツールの使い方

こんなかんじで3つくらいのフレームができあがりました。

 

そしてそのフレームにあとから写真をはめていけば、簡単にアルバム作成もできちゃいます。

Photoshopのフレームツールの使い方

もちろん写真をあとから変更することもパッとできちゃうので、かなり便利です。

クリッピングマスクでもアルバムなどのレイアウト・コラージュ作成はできるよ!

スポンサーリンク

Photoshopのフレームツールで丸や四角に切り取り【超便利】

Photoshopのフレームツールを使えば、写真を丸や四角に簡単に切り取ることができて超便利!

切り抜きツール」のようにキャンバス自体を切り抜いて小さくすることはありません。

キャンバスのサイズはそのままで、切り取りたい写真だけを切り取れます

アルバムやバナーのレイアウト作成もとても簡単にできるので、ぜひ使ってみてください!

関連記事 Photoshopの切り抜きツールでトリミングする方法と便利な小技!

コメント

タイトルとURLをコピーしました