無料PhotoshopチュートリアルYouTubeで更新中>>

スポット修復ブラシツールと修復ブラシツール違い【Photoshop初心者必見】

Photoshopのスポット修復ブラシツールの使い方ツールの使い方

スポット修復ブラシツールと修復ブラシツールって何が違うの?

名前もアイコンも似てるし、どっちがどっちかわかならいよ。

 

フォトショップには似たようなツールもたくさんあって、何が何だかわからなくなることもありますよね。

そこで今回は、Photoshopのスポット修復ブラシツールと修復ブラシツールの違いについてまとめてみました。

 

スポット修復ブラシツールも修復ブラシツールもどちらもいらないところを消せるツールです。

以前スポット修復ブラシツールと修復ブラシツールの解説動画はそれぞれあげているのですが、違いまではあまり触れていませんでした。

 

そこで今回は2つのポイントからツールの違いについて深堀していきます。

  1. 使い方、使いやすさ
  2. 使い分け

スポット修復ブラシと修復ブラシツールの違いはこれで完璧!!

スポンサーリンク

スポット修復ブラシツールvs修復ブラシツール違いは!?

動画で詳しく解説したのでぜひ見てみてください!

1. 使い方、使いやすさ

ここでは一つずつのお題に対してどっちのツールのほうが適しているかをずばり言っていきます。

  1. 簡単度
  2. 時短度
  3. 自由自在度

簡単度

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

まずはじめに簡単度ですが、これは『スポット修復ブラシツール』の勝利です。

 

スポット修復ブラシツールは、なぞるだけで勝手にPhotoshopが補ってくれるので本当に簡単です。

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

 

例えばここを消したいとしたとき、スポット修復ブラシツールでなぞるとこんなにパッといらないところを消してくれるんです。

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

 

逆に修復ブラシツールは自分で消したいところと似ている範囲を選んでから、その上を塗りつぶしていかなくてはなりません。

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

ということで簡単なほうを使いたいときは、スポット修復ブラシツールを選ぶといいです。

重要ポイント

簡単なのは、スポット修復ブラシツール

時短度

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

次に時短度ですが、こちらも『スポット修復ブラシツール』の勝利!

 

先ほどもやった通りなぞるだけで消したいところを消せるので時短にもなります。

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

言ってしまえば、ワンクリック+ワンドラッグで消してしまいます。

 

逆に修復ブラシツールは、ワンクリック+ワン選択+ワンドラッグと3段階あります。

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

時短重視という人も、スポット修復ブラシツールでやるといいです。

重要ポイント

時短でできるのも、スポット修復ブラシツール

自由自在度

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

そして自由自在度ですが、これは『修復ブラシツール』の勝利です。

 

以前ニキビの直し方でもちらっとご紹介しましたが、人間の肌のような繊細さを求められる写真ではこの自由自在度、カスタム性がかなり大事になります。

ニキビを消す方法はこちらをご覧ください!

 

修復ブラシツールを使ってニキビを直すとき、「このニキビを隠すにはここの肌からコピーを取って上から塗ろう」と自分の目で判断することができます。

Photoshopの修復ブラシツールの使い方

 

スポット修復ブラシツールでもニキビが隠れるように肌を覆いかぶせてくれますが、肌のような繊細な写真にはあまり向いていません

パッと見て大丈夫そうだと思っても、よくよく見てみるとPhotoshopが持ってきてくれたコピーが若干肌の色と合わないという場合も多いんです。

 

Photoshopの修復ブラシツールとスポット修復ブラシツールの違い

なので、自由自在度、カスタム性を重視する人は修復ブラシツールを選びましょ!

重要ポイント

自由自在に使えるのは、修復ブラシツール

使い分け

次に使い分けです。

  • スポット修復ブラシツール
    ▶︎海や空などあまり細かいところを直さないとき
  • 修復ブラシツール
    ▶︎肌などの繊細な写真を直すとき

スポット修復ブラシツールを使う場合

Photoshopのスポット修復ブラシツールの使い方

例えばこの海と空の写真は写真いっぱいにその景色が広がっていますよね。

こんな場合Photoshopの感知もすごくうまくやってくれるのでスポット修復ブラシツールでチャッとできることが多いです。

ではこの海の写真に映る人を消したいとします。

Photoshopのスポット修復ブラシツールの使い方

 

スポット修復ブラシツールでさっとなぞるときれいに消すことができました。

Photoshopのスポット修復ブラシツールの使い方

このように人間が考える消したい意図がちゃんとPhotoshopに伝われば簡単にスポット修復ブラシツールで消せます。

逆を言うと人間が考える「ここを消したい」というのが伝わらないごちゃごちゃした写真の場合はPhotoshopのAIではあまりうまくいきません。

 

修復ブラシツールを使う場合

自由自在度でも言った通り、修復ブラシツールはカスタム性重視なので、細かいところを消すときは修復ブラシツールが便利!

肌のレタッチではかなりよく使います。

Photoshopの修復ブラシツールの使い方

それ以外だとスポット修復ブラシツールで直せなかったところは修復ブラシツールで自分で細かく直すことができます。

スポット修復ブラシツールと違って自分の意図で変えることができるので、PhotoshopのAIに頼る必要はありません!

関連記事 Photoshopでニキビや吹き出物を消す方法【実は超簡単です】

スポンサーリンク

スポット修復ブラシツールと修復ブラシツール違い【Photoshop初心者必見】まとめ

スポット修復ブラシツールと修復ブラシツールの違いを細かくみてきました。

この2つのツールは似ていますが、ぜひ使いわけたいところです!

重要ポイント
  • スポット修復ブラシツール
    ▶︎海や空などあまり細かいところを直さないとき
  • 修復ブラシツール
    ▶︎肌などの繊細な写真を直すとき

HPのブックマークやYouTubeのチャンネル登録して、何度も見て覚えてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました