無料PhotoshopチュートリアルYouTubeで更新中>>

Photoshopの文字マスクツールの使い方【画像を文字で切り抜く】

Photoshopの文字マスクツールの使い方ツールの使い方

文字の中身を写真にしたいんだけど、どうすればいいの?

文字マスクツールを使えば一瞬でできるよ!

 

よく写真を切り抜いたような文字ってありますよね?

バナーやサムネイルなどに使うととてもオシャレにできます。

それが簡単に作れちゃうのがPhotoshopの横書き文字マスクツール・縦書き文字マスクツールです。

そんな文字マスクツールについて、今回は大きく分けて2つのことをやっていきます。

✔記事の内容

  1. 文字マスクツールの使い方
  2. 文字マスクツールの使い道
スポンサーリンク

Photoshopの文字マスクツールの使い方!画像を文字で切り抜く方法

動画でも文字マスクツールについて詳しく解説しています。

 

文字マスクツールは画像を文字で切り抜くために使うことが多いです。

なので文字マスクツールを使って画像を文字で切り抜く方法で使い方を見ていきましょう!

画像を文字で切り抜く方法
  1. 切り抜きたい画像を開く
  2. 文字マスクツールを選択
  3. 文字マスクツールで文字を選択
  4. 選択された文字をレイヤーマスクで切り抜き

1.切り抜きたい画像を開く

まずは切り抜きたい写真をPhotoshopで開きます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

例えばこの写真に文字マスクツールを使って、文字の中に写真が入ってるかんじにしていきます。

 

2.文字マスクツールを選択

ツールバーから文字マスクツールを選びます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

ツールバーにないという人は、文字ツールのところを長押しすると出てきます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

また、ツールバーのどこにもないという人は、…を長押しすると出てくるはずです。

Photoshopのフレームツールの使い方

 

3.文字マスクツールで文字を選択

そして文字を書くときと同じように写真の上をクリックするか、クリックしてドラッグして四角を書いてから文字をタイピングします。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

そうすると、文字の部分は透過して下の写真が見えて、他の場所は赤くなっています。

重要ポイント
  • 赤い場所→見えなくなるところ
  • 透過している場所→見えるところ

文字を書き終わったらEnterかオプションバーにある〇を押します。

 

すると、文字の外側の部分が転々の線で囲まれます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

ここで文字を下の写真のどこに置きたいかを決めます。

あとから場所を移動することもできるのですが、大体の位置をここで先に決めちゃいます。

 

文字を移動させるときは、文字を書くときに四角の枠を作ってからタイピングした人は⌘ / Ctrlを押しながらドラッグさせて移動できます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

四角の枠を作らずに文字をタイピングした人は、そのままクリックしてドラッグすれば移動できます。

注意点

たまにこのように移動できないときがあります(原因不明)。

そんなときは、

メニューバーの選択範囲→選択範囲を変形をクリックすれば移動・サイズ変更できます。

4.選択した文字をレイヤーマスクで切り抜き

そしてマスクをクリックします。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

マスクについて詳しく知りたい人はこちらの動画でもアップしてるのですが、マスクの白いところは見えて、マスクの黒いところは見えなくしてくれます。

 

こうすると、マスクの白い部分つまり文字のところは写真が見えるようになって、周りの黒いところは見えなくなって写真が文字で切り抜かれます。

 

これが文字マスクツールの主な使い方です。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

スポンサーリンク

Photoshopの文字マスクツールの使い道!

文字マスクツールの使い道を大きく分けて2つの方法でご紹介します。

  1. 文字を切り取って作る方法
  2. マスクを使って作る方法
    ※こちらは使い方で話した以外の方法をご紹介

文字を切り取って作る方法

まず文字をもう切り取ってしまうやり方です。

このやり方だとマスクは使わずに作れるのですごく簡単なので、「マスクはちょっとわからない」と言う人はこのやり方でやってみてください。

ただし、マスクのときにできたあとから文字の位置写真上で移動することができないので注意です。

 

まず使い方と同じように文字ツールを選んで文字を写真の上にタイピングします。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

そしたら先ほどはそこでマスクをクリックしたのですが、ここではCommand + Jで文字の部分だけを新しいレイヤーに複製します。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

そして写真のレイヤーを消すか、見えなくさせれば、簡単に文字を切り取ることができます。

レイヤーを複製: Command + J

マスクを使って作る方法

次にマスクを使って作る方法です。

一番最初にやり方と同じなのですが、少し工夫した使い方をやっていきます。

ます同じように文字マスクツールを選んで、写真の上に文字をタイピングします。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

そしてマスクをクリックすると、使い方のときと同じで文字の部分のところに写真が映し出されます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

ここまでだと使い方のときと同じなんですが、ここからマスクを反転させます。

マスクを反転させるということは、文字が見えなくなって、文字の周りが写真になるということなんです。

 

マスクを反転させるには、マスクをクリックしてCommand + Iで白と黒を反転させることができます。

そうすると、こんなかんじで文字が見えなくなって、文字の周りに写真が反映されます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

反転: Command + I

 

ここでさらに写真を足して、Photoshopに取り込みます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

その写真のレイヤーを一番下に持っていけば文字のところに新しく持ってきた写真が現れます。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

 

透明に切り抜かれた文字に新たな写真をはめることができました。

Photoshopの文字マスクツールの使い方

スポンサーリンク

Photoshopの文字マスクツールの使い方!【画像を文字で切り抜く】まとめ

Photoshopの横書き(縦書き)文字マスクツールを使えば、簡単に画像を文字で切り抜くことができ、バナーやサムネイル、チラシなどとてもオシャレにしてくれます!

ちょっと文字にアクセントをつけたいときなどぜひ利用してみてください!

 

≪補足≫

実は、文字マスクツールを使う以外でもクリッピングマスクという機能を使えば「画像を文字で切り抜く」ことはできちゃいます。

ぜひこちらのやり方も見てみましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました